明らかにセフレは東京では怒っている

「今日はセフレ入りのゆっちゃん」

「うん、美味しい!」

結局のところ、私が求めていたものとは明らかに異なります。

「セフレ、私のものとは違います(笑)

「相馬ちゃんは大人の男の味のようです(笑)」

幼稚な味がしたかったです。

「あのイチゴを作って」

「ごめんなさい、イチゴが足りなくなったけど、味わい深い大人の代わりにwww」

「私は気にしない、なぜ私はいつも頭がおかしいの?(怒り)

私はどれほど怒っている。

セフレはイチゴのカクテルを持って帰宅した。

彼女には夫と子供がいるので、日中は仕事でキャリアウーマンとして働いています。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *