仲間の一人のためセフレは東京で愛を奪われた

セフレ
私はそれが好きではありません
というのは
私はそれが得意ではありません。

しかし例外として
愛を奪われた人の声

セフレ
聞きたい
聴きやすいから

電話で聞きたいです。
①からの続き

[エピソード176]
公園のベンチに頭をぶつけながら
「死…」と言い続けた男
私は8日後に亡くなりました…
毎月一人ずつ変わる危険な公園でした②
————————————
誰の方向からも
大きな声が聞こえた

日本官とその仲間の一人のために
聞いた

「セフレ!」
私の友人の一人が悲鳴を上げて逃げました

2人の警官

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *